初めての喪主の仕事ガイド

もし喪主になったら?喪主のお仕事ガイド

喪主に選ばれたけど何をするべきかわからない!そんなあなたへ

突然家族が亡くなり、自分が喪主として葬儀を行わなければいけない場合、どんなことから始めればいいのでしょう。まずは葬儀社を決めることをおすすめします。通夜・葬儀には色々な形式やしきたりがありますが、葬儀社はどんな葬儀でも対応してくれます。また専門的な知識を持っているために色々な事に対し手助けしてくれます。家族が亡くなり悲しい中、忙しく準備をしなければいけないのはとても大変な事かと思います。しかし故人の供養の為にしっかりと通夜・葬儀を行わなければいけないのではないでしょうか。

カテゴリ一覧

喪主とは?

喪主は故人が生前ゆかりの深かった人が務める葬儀の責任者の事を言います。喪主になると通夜・葬儀だけではなく、その後の片付けや書類関係など全ての事をこなしていかなくてはなりません。また、会社勤めの場合には、何日間かお休みを頂かないといけなくなってきます。葬儀が終わっても、故人の自宅には線香をあげに来る人などがいますので、その人の接待などもします。最低でも初七日まではお休みをいただき、喪主としての務めを果たすことが必要になってきます。 喪主とは?の続きを読む

喪主が行う仕事

喪主はただ座っているだけでは務まりません。喪主は通夜・葬儀に関して全ての責任を負わないといけない為、しばらくは休む暇もないほど、大変な思いをするかと思います。葬儀に参列して下さる方への接待や金銭管理。また葬儀が終わった後にはお世話になった方たちへ挨拶にも回らなければいけません。年金関係や各種保険の手続きなども喪主が行います。挨拶や手続きは早めに終わらせないといけませんので、計画を立てながら回らなければいけないのではないでしょうか。 喪主が行う仕事の続きを読む

喪主の挨拶例

喪主は通夜や出棺のときに、参列して下さった方に対しお礼の挨拶をします。葬儀の準備で忙しい時に、挨拶を考えるわけですから、挨拶を暗記することもなかなか出来ません。そんな時には、挨拶をメモしておき、それを読んでも失礼には当たりません。また、お悔やみを言って下さった方一人一人に対しても返事をしなければなりません。悲しくて言葉が出ない時もあるのではないでしょうか、その場合には、お辞儀をするだけでも十分かと思います。 喪主の挨拶例の続きを読む

葬儀社の選び方

初めて喪主として葬儀を行う時には葬儀会社に全てお任せしてしまう人も多いのではないでしょうか。しかし、葬儀会社の数は多く、騙されてしまう事があるかもしれません。そうならない為にも自分に今は関係ないことだと思わず、前もって調べておいてもいいのではないでしょうか。また、葬儀の形式にも色々な形があります。同じ仏教だとしても宗派によってはしきたりなどが事なってきますので、あらかじめ、どんな宗派かを調べておきましょう。 葬儀社の選び方の続きを読む

喪主になるなら要チェック

喪主の選び方 喪主は一般的に故人の配偶者、長男、長女、または同居していた子供など故人とのゆかりが深かった人がなります。以前はその家の家督を相続する男性(長男)が喪主でしたが、現在は男女関係なく誰が喪主でも構わなくなってきました。また、喪主が未成年者の場合には近しい親戚が後見人となり葬儀を執り行わなければなりません。 喪主の選び方

出棺の挨拶 告別式が終わり出棺の前に喪主は、参列者に対し挨拶をしなければなりません。挨拶をその場で考え参列者に伝えるという事は難しいことかもしれません。そんな時は、事前にあいさつ文を考え、メモをしておいても問題はありません。またメモを見ながら挨拶をしたとしても失礼には当たりませんので、気持ちを整えゆっくりと感謝の気持ちを伝えましょう。 出棺の挨拶

PAGE TOP

Copyright © 2015 初めて喪主になった方へ All Rights Reserved.